心の声、一生懸命願うとき夢がかなわない理由がわかります。

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ライフバランスハーモニーの大田です。

夢がかなわない計算式

祈ったり、願い事をしたり念じたことはありませんか?

一生懸命願ったり、念じたりするときの

「一生懸命」というのは、顕在意識の領域にあります。

マインドブロック沖縄

自分の力を十分発揮するには

意識できる顕在意識だけではなく

潜在意識に働いてもらう必要があります。

 

 

顕在意識は全体の1割弱

潜在意識は8割強です。

2つの意識が統合すれば前に進むパワーは

1+8=9

でオッケーなのですが

2つが統合しなければパワーはマイナスになってしまいます。

1-8=-7

これでは前に進めません。

 

2つの意識を一致させ同じ方向を向かせる

ということが大事なのです。

2つの意識の反発

ここでもう一度

顕在意識と潜在意識を、わかりやすく実話で解説してみましょう。

 

田山さん(仮名)は、

いつも仕事での肝心なときに交渉がうまく行かず悩んでいたそうです。

 

おしゃべり上手でスポーツマン、体育会系で

女子の人気も高く誰からも好かれる性格なのに

お客様との交渉となるとどもったりおどおどしたり喋れなくなる。

自分を責めるエゴ

失敗がさらに意識に深く刻まれ

交渉事が増えてくると身体が重くなり

会社を休みがちになったそうです。

 

 

彼のケースでいれば、顕在意識と潜在意識が

統合されずバラバラ潜在能力がしっかり

一致していなかったと言えます。

かなわない理由

 

こう言う場面では、顕在意識は

「交渉を決めたい 決めたい」

と思っています。

しかし潜在意識はどうでしょう。

 

「これを決めなかったら会社は何百万円の損だぞ」

「決めなかったらどうするんだ」などと思っています。

 

こうした不安の元が顕在意識に伝わると、

意識の中で葛藤が生まれます。

このときの葛藤がノルアドレナリンを分泌させ

マイナスイメージを引き起こすのです。

潜在意識はイメージに弱い。

 

だからこそ、潜在意識に目標の情報が正確に伝わらず、

お客様との交渉で落ち着いて話す」ための

能力が発揮できないのです。

 

彼には話す技術はあるし

ロープレも何回もしてスキルはあります。

だから落ち着いて話す事だけに集中すれば良いはずです。

 

しかし不安に対して、「何とかして交渉を決めたい」

という欲が邪魔をし、

潜在意識に正確な情報を伝えにくくするのです。

そうわかりやすく言うと

私たちの脳の中には二人の自分がいて

彼らがお互いに足を引っ張ると、

力を発揮できなくなってしまう。

 

だからこそ何度も言うようですが

人間が潜在能力をしっかり発揮するという事は、

顕在意識と潜在意識が統合されることが大事なのです。

潜在意識沖縄

一致させる

協力させ同じ方向に目標を向かわせる必要があるのです。

 

「自分はこうしたい」「こうなりたい」

とイメージする事は、

顕在意識のレベルです。

 

意識だけなら「○○したい」

だけで終わってしまいますから、

目標もただの欲と同じなのです。

しかし顕在意識と潜在意識がが一致され統合されている場合、

「俺はいつまでにこうなりたい」という目標が、

意識によってイメージ化され、

それがすっと自分の中の

潜在意識に入っていくのです。

意識の一致

田山さんはその後メンタルトレーニングを取り入れて

○○を書き換えてその障害を克服するのですが

それはまた次の機会に書いていきますね。

ヒントは昨日のメルマガにあります。

体験会にお越しの方には

ワークでお伝えします。

今日もお読みいただきありがとうございます。

11日夜の部

セルフイメージとエフィカシーを変えると人生が激変する体験

沖縄心理学

12日開催の体験会

望んだ未来を手に入れるための意識を活性化させる体験

 

★心の立ち位置を変えると楽になる★

潜在意識沖縄 潜在意識沖縄 潜在意識沖縄
潜在意識沖縄

Follow me!

The following two tabs change content below.
大田 ひろし
幸せや安心ってその時の自分魂の立ち位置や 心の在り方で変化します。 自分のメンタルやマインドセットでも 幸せにもまれますし不幸で不安にもなります。 自分で抱えてしまった重荷を ほんのちょっと ヒントを差し伸べて 自分で解除して 自分でもとに戻る方法を お届けしたい

コメントを残す