誰の中にも「魂」があります。
一つの肉体の中に、必ず一つの魂が入っており、
魂がないと肉体は動くことができません。
魂は肉体の核をなす、生命体のエネルギー源のような存在です。

魂はそれぞれミッション(目的)を持っており、それを達成しようとし続けます。
たとえ、意識が「それはやりたくない」などと思っても、
魂はいつでもミッションを目指しています。
肉体から離れたり、死後も存続することが可能と考えられている、
体とは別にそれだけで一つの実体をもつとされる、非物質的な存在のこと。

人間が生きている間はその体内にあって、
生命や精神の原動力となっている存在、
人格的・非物質的な存在。