売るべきポイントの勘違い同じ商品でもお客様によって違う

パソコンの窓口さん

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

パソコン苦手なオーナーの味方おーちゃんです!

お客様が欲しいものは?

集客沖縄女子

ネットもリアルもすべてお客様へのプレゼンです!

商品のお話をするときに

メニューや予約受付画面に

商品のメリットやうんちくの話ばかりを表していませんか?

利用者が欲しい情報は何でしょう?

商品やサービスが欲しい人ってあまりいません。

 

ボクは長いこと住宅の販売をしていましたが
突き詰めて観ると
「家」そのものが欲しい人はほとんどいませんでした。

 

それよりも家を買うことで
得られる「なにか」が欲しくて
お客様は住宅を購入していたのです。

どのような悩みや不満を抱えている人が、

それを得ることでどのような効果を得られるのか?

 

という点に関心があるんだと想うのです。
 

カレーを食べる理由は

 

例えば、カレーライスの香辛料は

古代インカ帝国時代から多くの人に重宝され・・・
カレーは18世紀、インドからイギリスに伝わり
イギリスはインドを植民地(しょくみんち)として
支配しはじめており、インドのベンガル地方の総督
だったイギリス人がしょうかいしたといわれています。

沖縄女子ネット集客

Sample Content

 

ターゲットの設定

そんなことより

今日の夕食を何にしようと考え迷っている方へ

疲れ気味の体は癒やしたいけど給料日前の方へ

パソコン苦手なオーナーの味方

カレーってすっごい効果効能があるんです!
消化促進、二日酔いにも効果てきめん
更に美肌効果がカレーのスパイスターメリックに含まれる
「クルクミン」には抗酸化作用・肝臓機能強化の効能がある。

さぁ、いかが?
今夜はカレーで舌鼓をうち、体を癒やしてみませんか?

なんてキャッチを読まされると
五感も欲望も満足感も刺激され
ついカレーに手が伸びてしまうもの

ここまで来たら

多少のうんちくはOK
お客様は購入を検討し始めます。

 


そこで興味を更に深くし購入する理由をあたえるのです。

 

どんな理由で抗酸化作用があるのか?
なぜ美肌効果の働きがあるのか?

を伝えます。(裏付け)

最後にお客様の
後ろを押してあげて購入という流れになります。

ビジネススクール沖縄

なぜそうなるのか?

という技術の話を最初に出すと

その段階で注意をひくことができず、

ここで「ジ・エンド」

時間とチャンスをロスしてしまいます。

 

 

実は売れない営業マンも同じことをしているんです。

 

売れる営業マンよりも
売れない営業マンのほうが
知識やウンチクが豊富だったりします。

 

 

それが仇となり

商品知識ばかりを先行させ
お客様のを説き伏せようとして

販売のチャンスを失っているんです。

 

売れる営業は

・どんなお客様になにを売るか?(ターゲット設定)を決め

・その方のニーズとウォンツ(悩みや不満)を想定し

・それを満たすための効果的な言葉(検索キーワード)で興味を引き、

・商品やサービスを得たときのお客様の姿を想像させ

そこで今買うべき理由(オファー)を納得させるという

購入までのストーリーが出来上がっているんです。

 

信頼関係を築く技術

こんな声を聞いたことはありませんか?
トップセールスと呼ばれる人たちは、
最初から売ろうとはしていません。

 

まず、営業マンやセールス担当などではなく
「その方面の専門家」という立場になり
信頼を得てから行動しています。

パソコンの窓口さん

 

「お客さまの悩みや欲求、不満」を的確に捉え
売り込みなどはせず

専門家としての見解を述べる技術
を持っているからこそ、お客さまと良好な関係を築き、
そして深い信頼を得ているのです。

 

 

それが、お客さまとの継続的なおつき合い
にもつながっています。

ニーズを高める情報発信を
していきましょう。

 

欲しいのは「モノ」じゃなくて
信頼と「感情」

なのですから。

えみなちゃん
えみなちゃん
今日もお読みいただきありがとうございます。 

★パソコン苦手から売れっ子になるまでの地図★

ママビジネス支援サイト ママ起業専門教室 女性のはじめての起業

フォローしてくださるとうれしいです!

The following two tabs change content below.
沖縄のおーちゃん

大田 裕

代表ゆいはーとコミュニケーション
パソコン苦手からビジネス(メンタルカウンセラー)をスタートし1年後には月商7桁に到達。同じ境遇の方にもっと簡単にPCスキルやIT使用法を伝えたい。

コメントを残す